どこまで続く?仮面ライダー電王人気

スポンサードリンク
1話完結じゃなくて微妙に次回へとつづく平成のライダーシリーズ。
子供と一緒に観始めてハマったのが電王でありました。

失礼ですが今放映中のキバと比べても、格段面白かった電王。単発の映画だけじゃなくて次のクールから日曜朝のワクで再開してもらっても個人的にはいっこうにかまわないと思います。

ってか、頼むからやってくれ。


これで最後…じゃないかも!?超人気シリーズ『さらば仮面ライダー電王』モモタロスに感謝!

 25日、映画『劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』の完成披露試写会が丸の内TOEI1で行われ、メインキャストの桜田通、佐藤健、中村優一、神田沙也加、声優の関俊彦、三木眞一郎、そして金田治監督が舞台あいさつに顔をそろえた。

Dynamiteに思うこと

スポンサードリンク
 07年大みそかのK−1「Dynamite」(TBS系)第2部の視聴率が2日、14.7%と発表された(関東地区、ビデオリサーチ社調べ)。民放最高だが、06年の19.9%を下回り、谷川FEG社長は「他局のバラエティー番組に押されたのが反省点。ただ、格闘技大連立の熱は伝わったと思う」。また、谷川社長は、大みそかに次ぐ旧PRIDEスタッフと、K−1、HERO’Sの連立を3月のさいたま大会で行うことを明言した。




格闘技好きといいつつ、「エンタメ・・・」という名のブログでこの記事を扱っていいものかちょっぴり迷いつつもお送りしてしまうことにします。


昨年末、あたくしはハッスルその他をライブで観て、Dynamiteはとりあえず録画して観ることに。それぞれの対戦カードの選手のディテール紹介が、うんざりするほど長いことに毎度辟易させられているのが主な理由ですが、今年もやけに長かったですな。


過去の試合やらなにやらを繰り返し見せられるのにこの高視聴率はある意味脅威であります。録画したのでタイムカウンターをチェックしながらみてみたら、最初の試合(なんとか甲子園という・・・)が始まったのは放送開始1時間17分後でありました。


これだけ時間が”浪費”させられるのが最初からわかっているんなら、他にいろんなことできるのになとかなり憤慨。その後の放映部分は余分なディテール部分を早送りしながら観戦すると、あっけないほど短くて、どんだけ膨らましているのかがありありと伝わってきました。


テレビの前でじっと観戦するのがバカらしくなりますな。なんて名称で放映しようが、あたくし次回も録画して観ることにします。
タグ:格闘技

ルイス・ハミルトン スピード違反で免停に

スポンサードリンク
自動車レースF1でマクラーレンの英国人ドライバー、ルイス・ハミルトン(22)がフランスでスピード違反を犯し、1カ月間の免許停止になったことが明らかになった。現地の警察が18日に発表した。

 それによると、ハミルトンは16日、同国北部の町ラン近郊にある高速道路を時速196キロで走行してしたという。このため、警察ではハミルトンが運転していたメルセデス車を没収した上、罰金600ユーロ(約9万8000円)を科した。

 警察のスポークスマンは「(ハミルトンは)とても礼儀正しく協力的だった」とした上で、車はすでにハミルトンに返却したことを明かした。

 ハミルトンはF1参戦1年目のことし、総合2位に入った。




一般人・・・それこそそこらのあんちゃんがベンツで196キロ出して捕まったなんて聞くと、ちょっとだけうれしくなったりする小市民なあたくし。


数日前に眠れずに今年のF1のダイジェストを観ていてすっかりハミルトンフリークになりました。


一般道では対向車もこちらにむかって走ってきたりしますので、気を付けてほしいものであります・・・とやさしく諭す。

ジョルジオ・アルマーニデザインの携帯電話登場!

スポンサードリンク
 イタリアのファッションブランド、ジョルジオ・アルマーニは、韓国のサムスン電子と共同で、テレビや携帯電話機など家電商品のデザインを行う。双方が23日に明らかにした。

 携帯電話機は9月24日に開催される「ジョルジオ・アルマーニ」の婦人服2008年春夏コレクションのショーで発表される見通し。双方が声明を通じて明らかにしたところでは、この機種はクレジットカードほどの大きさで、厚さは10.5ミリだという。 

 携帯電話機をめぐっては、米モトローラ(MOT.N: 株価, 企業情報, レポート)がドルチェ&ガッバーナと手を組んでいるほか、韓国LG電子(066570.KS: 株価, 企業情報, レポート)がプラダと共同開発を行うなど、ファッションブランドと協業の動きが進んでいる。




ファッションブランドと携帯電話のコラボが流行っているようであります。


わたくし個人的にはiPhone日本登場を密かに待っていたのですが、auのHappy autumn キャンペーンのDMが届いたのを機に機種変を済ませてしまいました。


変更したのはCDMA 1X WIN W44K2
携帯電話付属のデジタルカメラ部分が、201万画素とのこと。とりあえずデジカメで撮影した画像の用途がウェブサイトやブログにちょこっとアップする程度なので、極薄のスリムな本体デザインが気に入り即決。


思わず話がずれましたが、ジョルジオ・アルマーニデザインの携帯電話もどんなものか見てみたいですな。

EUのブランド調査

スポンサードリンク
ブランド調査、日本で同じような投票をしたらやっぱりトヨタやホンダ、日産といった国内ブランドが主流を占めるのでしょうかねぇ。
EUではアストンマーティンですか。


 英コンサルティング会社クールブランズが13日に発表した英国での「格好いいブランド500」調査で、自動車の「アストン・マーティン」が首位に選ばれた。

 このランキングは、調査会社YouGovが実施した2000人以上の投票で決定。アストン・マーティンは2年連続での首位となった。

 上位20ブランドのほとんどをネットやテクノロジー、ゲーム関係が占める中、アストン・マーティンが健闘した背景には、映画「007 カジノ・ロワイヤル」の人気が影響しているもよう。

 2位は米アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)の携帯型デジタル音楽プレーヤー「iPod」、3位は米グーグル(GOOG.O: 株価, 企業情報, レポート)傘下の動画共有サイト「ユーチューブ」。このほか「グーグル」は5位、「アップル」は7位、アップルの「iTunes」は19位だった。

 また、格好いい旅行先としては、欧州各国を抑えて日本とブラジルが上位を飾った。




やっぱり誇り高きEUであります。アメリカにはカブレねーぞ!という意気込みがヒシヒシと伝わってくるようですな。


カッコいい旅行先として日本を選んでくれたのは、非常に嬉しいことですが、もうしわけありませんがあたくし物価が高くてメシが不味いEUは嫌いです。

映画に関する調査

スポンサードリンク
 ヤフーバリューインサイトは9月12日、「映画に関する調査」を実施、結果を発表した。

 調査によると、映画の鑑賞方法は「レンタルしたDVD、ビデオで(57.6%)」が最も多く、次いで「一般の映画館で(55.6%)」、「地上波のテレビで(46.5%)」が続く。男女別では映画館で見る女性(59.9%)は男性(49.5%)より10ポイント以上高くなっている。

 好きな映画の上位3ジャンルは、男性が「アクション(68.4%)」、「SF(56.1%)」、「コメディ(44.0%)」、女性は「コメディ(55.3%)」、「ラブストーリー(51.8%)」、「アクション(44.4%)」の順に多く、男女間で好きなジャンルに違いがある。

 映画に関する情報の入手経路は「テレビ(78.9%)」が圧倒的に多く、特に女性は男性より10ポイント高い83.1%となっている。次いで多いのは「雑誌(49.3%)」、「携帯インターネット(34.9%)」の順となっている。

 また、自分にとっての「ベストムービー」を聞いたところ、男性では「STAR WARS」や「ダイ・ハード」、「ハリー・ポッター」、女性では「パイレーツ・オヴ・カリビアン」や「ハリー・ポッター」、「となりのトトロ」などが多く挙げられた。

 調査は2007年8月10〜24日、全国のiモードユーザーを対象にiモードの公式サイト「とくするメニュー」を活用して実施したもの。有効回答数は3604人。





映画についての情報収集はテレビから、実際に観るのはレンタルDVD。
公開してから実際に観るまでタイムラグがありますけれど、やっぱり一般的なのかもしれませんな。


趣向の関係で同系統の作品を好む関係上、DVDの本編前に挿入されている他の作品のレビューもあたくし重視しています。わずらわしく感じるときもありますが、あれがないとちょっぴり物足りなさを感じてしまう今日このごろ。


元記事にある好きな映画のジャンルも好きな作品も、あたくしのそれとは微妙に違うのはきっと気のせいではないのでしょうな。ちなみにこの記事に張っている画像は、最近観た中でもっともお気に入りの作品であります。


・・・ホラーですが、なにか?
タグ:映画 DVD

サルヴァトーレ・フェラガモ 新デザイナー決定

スポンサードリンク
 イタリアの高級ファッションブランド、サルヴァトーレ・フェラガモが30日、過去にプラダやランバンでデザイナーを務めたクリスティーナ・オルティスを既製服の新デザイナーに起用することを明らかにした。前デザイナー、グレエム・ブラックの後任となる。

 オルティスは最近まで、イタリアの服飾ブランド、ブリオーニの女性服部門のデザインを手掛けていた。




ブランドがどこという点にはこだわらず、手に職のあるデザイナーは引く手あまたなんでしょうかねぇ。



ちなみに写真はブリオーニ製のカシミアコートです。クリスティーナ・オルティスがデザインを手がけたかどうかは残念ながらわかりませんけれども。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。