エマ・ワトソンが18歳に!

スポンサードリンク
 エマ・ワトソンが4月15日に18歳の誕生日迎え、家族や友人、「ハリー・ポッター」シリーズの共演者たちを招いてディナー・パーティーを開いた。出席者の中にはシリーズでドラコ・マルフォイを演じているトム・フェルトン、ハリーの恋のお相手チョウ・チャンを演じるケイティ・ラングの姿も見られたが、肝心のダニエル・ラドクリフとルパート・グリントは欠席した。デイリー・メール紙によると、ワトソンはまだハリポタ・シリーズの契約が残っているため、ワイルドな夜遊びはスタジオ側に禁じられているそう。この日ワトソンが帰宅したのは午前4時過ぎだったが、今回は誕生日ということで特別だったようだ。先週も、新恋人と言われる銀行家の男性とパーティに出かける予定だったワトソンは、スタジオ側から夜遅くの外出を禁じられ、恋人は1人で出かけることに。イギリスでは18歳から飲酒が許されているためワトソンもこれで大人の仲間入りだが、ハリポタが終わるまでは夜遊びはお預けのようだ。


http://cinematoday.jp/page/N0013608

エマ・ワトソンと聞いて、実際に元記事に貼ってある写真を観てもピンときませんな。なんとなくまだ幼い頃のハーマイオニーのイメージが強すぎるせいでしょうか。


ハーマイオニーのパーティにハリーとロンは欠席、でもマルフォイは出席って劇中ではまったく考えられない絵面になってますけど・・・。


どうか最後の作品が公開されて実際に目にするまでは「ハリー・ポッター」のお話の中にいさせてほしいものですね。



この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。