ドラゴンボール実写でリメーク!

スポンサードリンク
 映画『オペラ座の怪人』のエミー・ロッサムと人気TVシリーズ「HEROES/ヒーローズ」でハリウッドで活躍中の田村英里子が、鳥山明の人気漫画「ドラゴンボール」の実写版映画へ出演するとハリウッド・レポーター紙が伝えた。ロッサムの役柄はブルマ、田村が演じるのはマイという役柄だ。また、韓国人のパク・ジュンヒョン(ジュン・パク)がヤムチャ役で共演することも決まった。パクは韓国の国民的歌手グループgodの元メンバーで、日本のアニメーション「マッハGOGOGO」を映画化する『スピード・レーサー』ではヤクザのドライバー役を演じることが決まっている。

 ヤムチャは原作にも登場する悟空の仲間の一人であると思われるが、田村がふんするマイは一般公募していたオーディションでの設定によると、20代後半のエキゾチックなセクシー女性で、武道に長けているピッコロの用心棒だそうだ。原作ではコミック18巻に登場し、マイは悟空の敵であったピラフの一味だった。

 アメリカの20世紀フォックスにより製作される実写版映画『ドラゴンボール』(仮)には、すでに悟空役として映画『宇宙戦争』のジャスティン・チャットウィン、敵役のピッコロ役としてドラマ「バフィー〜恋する十字架〜」のジェームズ・マースターズ、チチ役として韓国系アメリカ人女優ジェイミー・チャンが決まっている。監督は映画『ファイナル・デスティネーション』のジェームズ・ウォンがあたり、映画『少林サッカー』のチャウ・シンチーがプロデューサーとして作品に関わる。全米公開は2008年8月15 日の予定だ。




ドラゴンボールの実写版と聞いて思い浮かんだのは、以前目にしたこのオムツをはいた(?)人々。


元記事のキャストを見れば、きっとまったく違ったモノになるのは想像できますが、自分の中ではやっぱりオムツのインパクトが強すぎます。
・・・日本での上映が妙に楽しみなのはあたしだけでしょうか?
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73302216
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。