ハリー・ポッター主要人物に関する著者の告白

スポンサードリンク
 世界的ベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズの主要な登場人物の1人が同性愛者だったと著者が告白したことに対し、ファンの大半は好意的に受け止めている。

 J・K・ローリングさんは19日、米ニューヨークで開いたサイン会兼朗読会で、集まったファンに対し、主人公ハリーが通う魔法学校の校長が同性愛者だったなどと語った。

 同シリーズのファンに人気のウェブサイトThe Leaky Cauldron(www.leakynews.com)とMugglenet(www.mugglenet.com)には、22日午後の時点で、この話題に関して約6000件のコメントが書き込まれた。

 このうち、The Leaky Cauldronを管理するウェブマスターは「ほとんどの人々は(ローリングの)したことを喜んでいる」と述べ、同サイトでは告白に不満を持つ読者からの書き込みは少数だったとした。




ダンブルドアのことなのかマクゴナガルを指しているのかは不明ですが、無事エンディングを迎えたストーリーにつける尾ひれとしては、なんだかインパクトが強すぎますな。


まだ最新刊を手にしてない日本の熱狂的な読者でもあるあたくしもヒヤヒヤものでございます。

この記事へのトラックバック

ハリーポッター 最新刊のご紹介
Excerpt: 米Amazon、Q3決算発表 - 純利益313%増、新店舗/サービスが好調マイコミジャーナルハリーポッター最新刊などのヒット商品や各国でオープンした新店舗やサービスが好調なこともあり、日米欧中の主要国..
Weblog: 【映画】ハリーポッター(ネタバレ可能性アリ)最新情報!
Tracked: 2007-10-26 12:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。