映画に関する調査

スポンサードリンク
 ヤフーバリューインサイトは9月12日、「映画に関する調査」を実施、結果を発表した。

 調査によると、映画の鑑賞方法は「レンタルしたDVD、ビデオで(57.6%)」が最も多く、次いで「一般の映画館で(55.6%)」、「地上波のテレビで(46.5%)」が続く。男女別では映画館で見る女性(59.9%)は男性(49.5%)より10ポイント以上高くなっている。

 好きな映画の上位3ジャンルは、男性が「アクション(68.4%)」、「SF(56.1%)」、「コメディ(44.0%)」、女性は「コメディ(55.3%)」、「ラブストーリー(51.8%)」、「アクション(44.4%)」の順に多く、男女間で好きなジャンルに違いがある。

 映画に関する情報の入手経路は「テレビ(78.9%)」が圧倒的に多く、特に女性は男性より10ポイント高い83.1%となっている。次いで多いのは「雑誌(49.3%)」、「携帯インターネット(34.9%)」の順となっている。

 また、自分にとっての「ベストムービー」を聞いたところ、男性では「STAR WARS」や「ダイ・ハード」、「ハリー・ポッター」、女性では「パイレーツ・オヴ・カリビアン」や「ハリー・ポッター」、「となりのトトロ」などが多く挙げられた。

 調査は2007年8月10〜24日、全国のiモードユーザーを対象にiモードの公式サイト「とくするメニュー」を活用して実施したもの。有効回答数は3604人。





映画についての情報収集はテレビから、実際に観るのはレンタルDVD。
公開してから実際に観るまでタイムラグがありますけれど、やっぱり一般的なのかもしれませんな。


趣向の関係で同系統の作品を好む関係上、DVDの本編前に挿入されている他の作品のレビューもあたくし重視しています。わずらわしく感じるときもありますが、あれがないとちょっぴり物足りなさを感じてしまう今日このごろ。


元記事にある好きな映画のジャンルも好きな作品も、あたくしのそれとは微妙に違うのはきっと気のせいではないのでしょうな。ちなみにこの記事に張っている画像は、最近観た中でもっともお気に入りの作品であります。


・・・ホラーですが、なにか?
タグ:映画 DVD

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。